投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

JIM6月号「すべては地域医療に」を読んで

藤原靖士先生のツイッターの内容が面白いのでまとめてみる。
***************************************
JIM「すべては地域医療に」総論が刺激的だっただけに、読み進めるうちに失望と、希望が混在してきた。これが今の現状なのだろう。各論になると、総論とかけ離れた内容しかない。評価できるのはエディトリアルと総論。研修医に地域で医療を経験させるというのは入り口だが「地域医療」ではない。実際にそこから育った医師が、どう「地域医療を展開するか」という点までは全く触れられていない。高知県での取り組みも、静岡県島田市医師会の取り組みも、地域医療のごく一部しか捉えていない。「病院の世紀」の病院視線の地域医療。

「女性医師と地域医療」女性医師が僻地で勤務することの問題は重要な視点だが。「地域医療」=「僻地医療」でない。都市部でも女性医師がどうコミュニティと向き合い、地域医療を展開するか。主婦でもあり母でもある女性医師は、コミュニティとの関係が容易。

これからの医療が、単に医学の世界だけでなく、社会学・経済学・史学・人類学などの、日本では「文系」(私自身はこのような分け方には異論がある)の知見が医学医療の分野に応用されるのが、これからの時代だと思う。それが感じられたのは評価できる。非常に興奮した。。「地域医療」という学問分野は今になってやっと、理論のきっかけができただけで。その現状も手段も、まだまだ研究されていなくて。体系化なんて夢のまた夢。でも、これから、時代の要求がある分野ということ。とすればこれほどやりがいのある分野はない。自分が死ぬまでには解決する問題でない(20世紀初頭に細菌学やビタミン学や外科手術を学んだ人は、20世紀末に臓器移植まで可能な状態を生きて見ていない)けど、歴史の中での自分の位置づけが見えればやりがいのある仕事。という、現状への失望と今後への希望が混在。
****************************************
私も実際にJIM6月号を購入してみて読んでみた。
藤原先生と概ね同意見である。
総論はとても興味深く、鳥肌の立つような内容であり、また特集のテーマで若月先生の「医療はすべからく地域医療であるべきで、地域を抜きにした医療はありえない」という、先見性のある言葉を紹介し、都市部でも田舎でも「地域」を中心…