投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

2012年の抱負

半年近くブログを更新していませんでしたが、2012年、転機の年に際して、今年の抱負をまとめてみます。

まず、2012年は職場も住居も変わります。
これは、3年前に栃木に来たときから決めていたことで、3年間で腫瘍内科医としての修行には一区切りをつけ、緩和医療を中心とした仕事に戻るつもりでいました。

ただ、3年が経とうとしている今年、その思いは微妙に変化しています。

そもそも、腫瘍内科を勉強しようと思ったきっかけは、緩和医療で研修をしていて、自分が診ている患者層がいかに限定されたものかを痛感していたためです。
実際、緩和医が扱う患者さんは、全てのがん患者さんのうち、わずか数%と言われています。それ以外は、緩和専門施設などに紹介されて来る前に亡くなったり、PCUの空き待ちをしている間に容態が急変したりしているわけです。
「こんな狭い領域でずっと勉強していては、がん診療の全体を診ることなど到底できない」
と考え、緩和に紹介されて来る前の診療を知らなければ、と考えて腫瘍内科の研修を始めたのです。

【日本における緩和医療のあり方を考える】
腫瘍内科医として、他科ローテート研修の期間を除いた1年半ほどの間で、私が当初抱いていた思いは微妙に変化しました。
それは、自分が化学療法を行った後、抗がん剤治療を行わなくなっても、結局自分が主治医として診る患者さんがいかに多いかと実感したことが一番大きな要因かも知れません。
私は、自身が緩和医療の研修医であったこともあり、できる限り自分で最後の看取りまで診療する、ということを栃木に来てからも実践していましたが、PCU登録をしたとしても転棟するまでに間に合わず、一般病棟でお看取りをする方が大半でした。
また、抗がん剤治療中止後は全て緩和ケア科の先生にお任せする、というスタンスの先生もいましたが、それでも結局はその先生が最後まで看取る、ということも多々ありました。
これは、人的資源・PCUの病床数などがニーズに追いついていないことを意味します。

また、実際診ている患者さんで「抗がん剤治療が終わったら先生とお別れかい」とおっしゃる方がとても多かったことも事実です。
私の上司の先生は、緩和ケアに移行する患者さんにとって越えなければならない3つの壁、ひとつは「療養場所が変わる(一般病床からPCU、がん専門施設から地元の病院、など)」、ふたつめは「抗がん…