投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

緩和医療学会所感

今年は神戸にて行われた緩和医療学会。今回は学会以外の会議やら打ち合わせやらで、聴講できたものがあまりなかったのだが、記憶の確かなうちに振り返っておこう。

・非がんの緩和ケア
心不全の緩和、ALSの緩和の発表はとっても興味深く拝聴した。在宅看取りの発表は一症例の物語の「語り」で、一昔前の緩和学会を思い起こさせるような。関根先生の話も総論、また症状緩和の面では納得できるものだった。しかし、ディスカッションの時間がちょっと短い印象で、じゃあどうやって日本に非がんの緩和ケアを広めて行くの、というところに至らなかったのが残念。私も、心不全やALSの突然死とその説明について質問したが、もう少し全体を考えた質問すれば良かったと反省。

・ポスターセッション
今年は昨年と違い貼りっぱなし、ではなく座長が立っての発表形式だった。やはり、この形式の方が私は好きである。限られた演者の発表しか聞けない、というデメリットもあるが、きちんと話を頭に入れるにはこちらの方が勉強になる。自分の発表もまあまあ盛況であったが、私の次に発表した放射線の先生の発表(モーズペースト使う前に放射線治療考えろよ!という)が痛快だった。緩和ケア医はホスピスに来たらついつい積極的治療の選択肢を忘れがちだが、緩和的照射の適応をもっと考えるべきだね。2日目の低活動生せん妄を見逃すな、という発表も面白かったな。ただ、皆さん声は大きく、楽しそうに発表しましょうね。CARTの発表がやたら増えたように見えたのも気になったなあ。

・医師の卒後研修
序盤はPEACEと指導者研修会、あとは研修医が困っていることについて、診療所への教育、SHAREの教育についての発表。ディスカッションは35分程度と結構あったのだが、序盤のPEACEについての話が結構メインになったところで、「このシンポジウムは卒後教育について話し合う場じゃないのか」と怒って帰る先生もいて…。確かに35分でも議論足りない感じでしたね。私の質問も意図が不明確であまり良くなかったのかも(私は、PEACEにしても指導者研修会にしても、継続して何回も出るような作りになっておらず、1度出れば十分、という参加者が多く、現行のセミナーではその後、スキルアップするためのセミナーが不足しているのでは、だから何度でも毎年参加したくなるようなセミナーが必要だよねという意図だったのだが、PE…

緩和コンサルタントと主治医との差

緩和コンサルタントとして仕事をはじめて2ヶ月ちょっと経った。
コンサルタントの仕事は岩田健太郎先生の『コンサルテーション・スキル』を参考にし、
「主治医となるべく直接または電話でディスカッションする(カルテを交換日記にしない)」
「自分が行った診療内容を根拠を含めて詳細に書く(根拠が不明だと主科が混乱する、というのと教育効果を期待)」
「コンサルタントは主治医ではないが、きちんと患者さんの診療に責任をもってあたる」
など。

しかし、岩田先生はあくまで「感染症コンサルタント」であり、それは「緩和コンサルタント」とは少し違うのではないかなーと最近感じるようになってきた。
それは、院内の他の「チーム」、例えばNSTやICTの活動スタイルと、自分たちの活動スタイルが全く異なる、というところからもわかる(当院だけでなく、他の病院のチーム活動を含めても)。
つまり、NSTやICTは、それぞれ「栄養」や「感染」という専門性で動いているが、その業務のほとんどは、その「専門」となる部分「のみ」であり、主科の大本となる治療方針や患者さんの人生に踏み込んでいくことはほとんどない。
一方、緩和チームの活動は、それだけでは済まない。
患者さんの人生に踏み込んでいく必要があるし、場合によっては主科の方針を変えるように動かなければならないこともある。
それは緩和コンサルタントが患者さんのQOLを上げる、ということを至上命題にあげている以上、仕方がない(中には痛みだけとるのが自分たちの仕事よ~という緩和チームもあるのかもしれないが)。

そうはいっても緩和コンサルタントは主科の主治医や担当医とは違う。
緩和コンサルタントは患者さんからみれば、やはり補助的な立場、ということになろう。
しかし、その立場を逆手に取ると、新しい存在意義があるな、ということに気づいたのである。
それは「意志決定支援」。
これは、海外の論文ではすでに言われていることであり、先進的な緩和チームではすでに当たり前なのかもしれないが、自分はいまいちピンときていなかったので、今回自分の仕事を通して少しずつわかるようになってきた気がする。
例えば、Temelの論文で「早期からの緩和ケア」はQOLや不安、抑うつが改善し、生存期間が延びる可能性が指摘されているが(NEJM. 2010;363:733-42)、そのうち早期からの介入群(EPC群…

井田病院がんサロン1回目

6/14にリニューアルした1回目のがんサロンが開催された。
参加者はなんと7名!で昨年の参加者ほぼ1年分を1回で集められたことになる(というか去年までが少なすぎ)。

今回の勉強会のテーマは「がんのサポート体制」。
以外と知らないであろう、がん患者さんやご家族をサポートする体制、制度、スタッフなどについてお話させて頂いた。
例えば、がんサロンにしてもそうだし、サポートチーム(緩和ケアチーム)やケースワーカー、がん相談員などなど・・・。「がんになっても一人で悩まないで!」というメッセージをこめて・・・。

その後のサロン(意見交換)も、最初はこちらがわも初めて、ということで緊張、どうなることかと思ったけれども、いろいろ話していくうちに皆さん打ち解けられて、自分の中の思いや中々相談できなかったこと、などワイワイ話せてよかったかな~、と。
特に最初に心配していたのは、サロンの目的は「ピアサポート」で、患者さんやご家族が、それぞれの体験や悩みをお互いに話し合うことで考えを整理したり、癒やしを得たり、というところが建前なのであるが、医療スタッフも輪の中に入ることで「医療スタッフ対患者さん」という感じで、「サロン(ピアサポート)」というよりは「集団相談会(個別面談が複数ある)」みたいになるんじゃないかな~、というのがあった。かといって、初対面の患者さん同士にお任せして「さあ、どうぞ!」とやっても気まずいだろうな~というのもあり・・・今回はスタッフも輪の中に入り参加させて頂いた。
でも、途中からは普通のおしゃべり会みたいに、患者さん・ご家族同士でもワイワイ話せていたので、ちょっとほっとしたところである(まあ「集団相談会」に終始するならそれはそれで、と思っていたところもあるが)。

いろいろと改善すべきポイントもある。
例えば、
・平日日中の時間帯では仕事をしている人は参加できない。夜か土日にもやってほしい。
・アクセスがよくない。駅前のカフェなどでできないか。
・宣伝がまだまだ足りない。
・・・などなど

改善できるところは改善し、まずはひとつずつやっていきたいとおもう。
7月からはとりあえず「夜の部(18:00~20:00ころ?)」ができないかどうかを検討中。
次回は6/28(木)14:00~16:00で、テーマは「がん情報の集め方」。
またよろしく~。