投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

「待合室から医療を変えようシンポジウム」

本日、東大で行われた「待合室から医療を変えようシンポジウム」に参加してきた。

これは、全国の医療機関にある「待合室」30万カ所を、数が多いだけでなく社会的に信頼できる空間であるところの「有効な医療資源」と考え、しかも待合室ではある一定の時間を強制的に過ごさないとならないわけであるから、その「待たされる」マイナス面ばかりを強調するのではなく、発想の転換によりプラス面を引き出すことがミッションとされている。

全部で4時間のシンポジウムだったので、全内容をここに書くことはできず、印象的だったことのみを抜き出して記録する。

最初の演者は、東大病院も設計された建築家の岡本和彦先生である。
岡本先生の講演では、建築設計がもつ可能性に触れつつ、しかし待合室については建築学の教科書でも半ページ~1ページくらいしか割かれていない事実に触れ、そういった中でどのような研究がされてきたか、ということについて話して頂いた。建築でも、医療でのEBMと同様EBD(Evidence Based Design)という用語があり、研究に基づいた設計がされているのだという。
待ち時間や患者さんの動線、診察に行き着くまでの手間などを省くことが、ムダの排除につながるが、医療機関ではこれらを排除しようとすると経営そのものに関わる問題にもなり、中々難しいのだという(例えば、動線を短くする=廊下を短くする=病院の規模縮小、待ち時間を減らす=診察ブースを増やす=医師確保の困難、人件費増)。
中待合はまったく日本独自の仕組みで、徐々に診察室に近づいていく心理的配慮や、中待合で次の診察の準備をしてもらうことでの時間短縮の効果などがある。
最近のデザインでは、病院の敷地内を住民が通り抜けられるようにして、その周囲にパン屋や保育所を設置する例や、フードコートやスーパーマーケットを設置する例、病院の回廊自体をギャラリーにするなど、病院内に患者さん以外の方を取り込むような仕組みも多いのだという
窓から見える景色がレンガの壁か緑の木々か、で病後の回復が異なる可能性を示唆する論文から、少なくともナイチンゲールが示したように「病院が害をなさないように」デザインするのが大切と言っていたのが印象的であった。

病院図書室司書の石井さんの講演も、印象的であった。
町の本屋さんから、病気に関する本を買ってきて、ただ同じように陳列するだけ…

医療者の傲慢~医療者と住民が対話するために?

昨日、みんくるプロデュース・empublic主催の公開シンポジウム「住民と医療者が、ともに地域の医療を育てるために何ができるか?~対話へのアクション・プランを考える」に参加してきた。

 内容は、千葉県東金市のNPO「地域医療を育てる会」の取り組みの発表、パネルディスカッションを経て、では「住民が地域医療に求めることは?実現に必要なことは?」というテーマで、参加者ごとにカフェ型トークをしよう、ということになった。
 カフェ型トークとは、テーブルごとに数名で決められたテーマについてフリートークを一定時間した後、ファシリテーターを除く参加者が、他のテーマのテーブルに移り、そのテーブルで行われたトークを振り返った後に、再度新たなトークを付け加えていく、といった形式(それを繰り返す)。

 最初に座ったテーブルで面白かったのは、ある医療職の方だが、いきなり「そもそも私、『地域医療』って言葉、嫌いなんだよね!」から始まり、そもそも地域医療って何だ、なぜ「地域医療」という言葉が嫌いなのか、といったところで盛り上がったことである。
 そこで得られたものは大きかった。なぜなら、自分もこのテーマに違和感を感じていたからである。地域医療に多くの住民を巻き込む必要がある、というのはこちらのニーズだが、それはそのままでは地域住民のニーズにはなり得ないのではないか、そもそもそれを「ニーズとして認識させよう」といった考えそのものが「医療者がいかにも考えそうなこと」ではないのか、という違和感である。

 最近、「医療職と一般の方が、診察室を出て、カフェのようなリラックスした雰囲気で同じテーブルにつき、トークをする」といった取り組みが全国的に注目されており、メディアでも取り上げられている。
 もちろん、こういった取り組みは大切なことだし、面白いと思う。特定の目的にとっては有用である面も多いだろう。
 しかし、「対話の場」として、それはふさわしいのだろうか?という違和感はぬぐえない。
 そこに参加している一般住民の方は、やはり元々何らかの疾患を持っていたり、家族や知り合いに病気の方がいたり、といった「元々関心の高い参加者層」が多いのではないか。そうなると、それは一般市民、というくくりというよりかなり偏りのある集団でフローしているに過ぎず、それだけをもって一般市民との対話がなされている、と考えるのだとし…

患者から、逃げない

最近、自分が講演をするときに必ず入れる言葉。

「患者から、逃げない」

緩和ケアでは、まずこの心構えを持つことが、とても大切なことだと思っている。

医師が、患者から逃げる?
そんなこと、あるわけない、と皆さんは思うかもしれない。
それは一部の、いわゆるモンスターペイシェントとかいうのの話しだろう、と思われるかもしれない。

医師の側も「私は患者から逃げたことなど一度も無い」と言われるかもしれない。
ええ、そうでしょう。
確かに、いつも皆さんは真摯に、患者さんに向き合っているでしょうね。

でも、真摯に向き合うからこそ、患者さんから逃げている、少なくとも逃げたくなる経験はだれだってあるはず。
予後数日、昏睡状態の患者、心配して付き添う家族。そんな病室に、足が遠のいた経験が、きっとあるはずなんです。
行っても、何もできない。家族には「先生、どうなんでしょうか」と真剣に問われる。でも、何もできない。
患者さんの胸に聴診器を当て、点滴の滴下を見、尿カテーテルから尿が出ていることを確認し、
「血液検査の結果は変わりありませんでした」とか「尿はしっかりでていますよ」とか言う。

ほら、逃げている。

予後数日の方に対して、医者ができることは血液検査や尿量のチェックだけなのだろうか。
真摯に、患者さんを「治そう」と思ってやっているからこそ「治せない」患者さんに直面したときに、無力感、罪悪感にさいなまれ、足はベッドサイドから、病室から、遠のいていく。
元気なときは、病状説明や検査説明を30分もベッドサイドでしていたのに、死にゆく患者さんの傍には5分もいることができない。
苦しい、と患者さんが言っていても、それに対して患者に寄り添う、ケアをする、というのではなく「とりあえず」「その場しのぎの」治療や検査をする。それも、ある意味一種の逃げだと思う。

老いに対しても、逃げる。
認知症は、薬で良くできる「病気」とは言えない。なのに、みな判で押したように、認知症の薬を出す。それよりも大切なことがあるのに。
老い、からも逃げている。患者さんもだが、医師も「老い」に正面から向き合うことができない。
老いに向き合うことは、お互いに大変に苦痛を伴うものだからだ。
病院は、老いそのものを治療することはできない。その事実をまずは医療者が認め、では何をするべきかも考えないとならない。

患者から、逃げない。
これは…

生きる希望を考え、死を想う

(昨日の大蔵先生の講演に触発されて書く。一部内容拝借)

希望、とは何か考える。
ここでいう「希望」とは「生きる希望」である。

人間誰しも70~80歳にもなれば、体は衰えてくる。
これは「病気」ではない。
この「衰え」も病院で治せる、入院したら良くなる、と思われている節もあるが、実際には良くなるどころか悪化する例だってある。

がん、認知症、心不全、脳血管疾患など誰しもが加齢に伴う病となり、皆が等しく死を迎える。
もちろん、様々な技術の進歩により、死までの時間を延ばすことは可能になったし、これからもそうなっていく可能性はある。
平均寿命が150歳、なんて世の中ももしかしたらいずれはあるかもしれない。
そういう意味では「夢の新薬」や「夢のような技術」は生きることの「希望」だろう。

しかし、現在80歳前後の寿命が、150歳に延びることは、本当に希望ある世の中なのか。
もしそうなっても、130歳くらいになれば「ああ、あと20年くらいしか生きられない」と思うのではないだろうか。
仮に、がんの特効薬ができて、がんが撲滅されても、他の病気で私達は死んでいく。
私達が人間である限り。

もちろん、現在がんで苦しんでいる方には、がんの特効薬ができることは「希望」だろうが、「治る」ことだけが希望なのだとしたら、その先にはやっぱり絶望しかないんじゃないだろうか。

これは残酷なことかもしれないけど、大切なことだ。
私だっていずれは何かの、死に至る病になる。
一時は、手術や薬で命が延びるかもしれない。でもまた数年後には死に至る病になるだろう。それをまた治しても、また同じことの繰り返しだ。
だとしたら、人間が生きることの希望はどこにあるのだろう。

それに一定の答えを出しているのが、種々の宗教であるのだろうが、私は死後の世界というものは、ある、とか、ない、とかはあまり興味が無く、あってもいいけど、とりあえずこの世の中のことは、この世の中でケリをつけたいと思っている。
そう考えれば、自分に残された時間は、あと長くても50年ちょっとくらいだろう。
もう既に1/3は過ぎている。
だから、時間が足りないかもしれないと思っている。
何のための時間か。
自分の中で言うと「ああびっくりした」と世の中に思わせるための時間と、「ああ安心した」と世の中に思ってもらうための時間である。
「ああびっくりした」は、端的に言えば世の中を楽しませるあらゆること…