投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

個別の案件と一般化事項を混同させてはいけない

癌治療学会の騒動もひと段落つきましたが、今回の騒動に関連して様々まきおこる意見に対し、興味深く拝見していました。

その中で、以前からブログに書こう書こうと思っていたのが、表題にある

「個別の案件と一般化事項を混同させてはいけない」

です。

これはどういうことかと申しますと、今回の件のように非標準治療に対して、標準治療側が「エビデンスがない」「インチキ医療だ」と騒ぎ立てると、逆に「人間はエビデンスだけで語れるものではない」とか「標準治療が無くなったら大人しく緩和ケアを受けて死ねということか」という反論が返ってきます。
ですが、ここで前者の主張は「一般化事項」について話をしているのであって、後者は「個別の事案」について話をしています。だから、いつまでたっても議論はかみ合わず平行線になります。

これは、倫理学に関する分類の中で、そもそも「倫理」というのは法律で規定されるものではなく、その特定の集団内でOKかNGかをみんなで決めているもの、といった面がありますが、そこに「生命倫理」と「臨床倫理」があるとされています。
例えば、「脳死は人の死か」という命題は「生命倫理」に関するテーマです。一般的に、日本人としてどのように考えていくのがいいのか、といったことを検討します。
その一方で、「20歳の男性が、交通事故で脳死状態になった。本人は臓器提供意思カードを持っており、そこには全ての臓器を提供する意思が記されていた。しかし、両親は『息子はまだ死んでいない、臓器提供は認めない』と拒否している。この20歳の男性についてその死を認めるべきかどうか」といった命題を扱うのが臨床倫理になります。
この例をみてもわかるように、「脳死は人の死か」というテーマは10年ほど前にはかなり熱い議論が行われ、いまだその結論は出ていないものの、臓器移植を前提とした特殊な状況においては「脳死は人の死である」ということが、決められた、という感じになっています。
その一方で、後者の命題では、生命倫理で行われた議論とは、まったく別の次元で議論しなければなりません。それはこの命題が「個別化された案件」だからです。

話をがんにおける標準治療と非標準治療に戻しましょう。
エビデンスは、その研究で示された条件と同じ行動をとれば、そのエビデンス通りのことが95%の高い確率で再現されることが一般的にわかっている「一般化事項」…

少量抗がん剤治療(休眠療法)には有効性を示すエビデンスがないのか

癌治療学会が、「がん撲滅サミット2016」と称して、少量抗がん剤治療や免疫療法などを提供しているクリニックを演者として市民公開講座の共催を予定している問題で、すでに各方面から抗議の声が上がっていますが、この記事を書いている時点では特に学会本部からの回答は見られていません。

ここで、私自身「少量抗がん剤治療(休眠療法)は有効性を示すエビデンスがない」と言っていますが、本当にエビデンスがないのかもう一度確認するべく、論文のレビューを行いました(栃木がんセンターにいた2009か2010年に一度行って以来です)。その内容について、他の方々にとってもご参考になるかもしれないと思い、ここに記す所存です(ただし、患者さんが読むにはやや専門的な内容です)。

最初にお断りしておきますが、今回行った文献レビューは、きちんとしたシステマティックレビューではなく、ナラティブレビューになりますので、落としている論文は多々あると思います(また内容については抄録レビューのみです)。ただ、調べ方については公開しますので、その過程で自分の主張に合わないからと意図的に論文を落としたりはしていません。もし、私が落としている論文で「このような有効性を示す論文がある!」というのをご存知の方がいらっしゃれば、お受けしますので情報お待ちしております。

今回、レビューを行うにあたっての基準は
①固形癌かつ切除不能・転移再発癌を対象とした研究であること
②10名以上のヒトを対象とした研究であること
③PhaseIおよび基礎研究は除く
としました。

●日本語サイトで情報を調べてみる
まず、日本語による検索サイトで、どの程度の情報が出てくるのかを試してみました。
「がん 休眠療法」でGoogleを検索すると50500件がヒットします。その1~5ページまでに、臨床試験に関する記事は見つかりませんでした。
次に「がん 休眠療法 臨床試験」で検索すると16700件がヒットします。そのうち、臨床試験に関する記事は1件見つかりました。この試験は55名に対するメトロノミック療法の予備試験という位置づけで、今後PhaseIIを企画しているとのことで、その動向は期待される結果であると考えますが、現時点では臨床応用できません(https://www.cancerit.jp/7257.html)。


●PubMedで調べてみる
がん休眠…